2018年11月11日日曜日

伝声管のある家

つくば市内に建つ住宅です。
子供達とコミュニケーションをとるにあたり、電気信号ではなく、生の声で自然に話せるように、リビングと子供室を伝声管でつなげています。今回は配管の曲がりが多くてうまく行きませんでしたが、カプセルにメモを入れて転がすなど、アナログなコミュニケーションも楽しめます。
リビング側は、バイクのマフラー用のパーツを使い、子供室側は、配管用の塩ビパイプを使うことで、コストを下げています。(天井から延びる、赤いパイプが伝声管)

http://fcd-tsukuba.com/tsukubas.html

2018年11月9日金曜日

透明感のある浴室


以前、設計をご依頼頂いた住宅の浴室です。

脱衣室・浴室・洗濯室が、ガラスのドアで仕切られた、広々としたお風呂。坪庭もあり、ウッドデッキ越しに、リビングにも繋がりをも持たせた、開放感あふれる空間です。

浴槽のレベルはリビングと合わせていますが脱衣室を下げているため、エプロンの高さもとれた、実用性も高いデザインとなっています。

ガラスのドアは、汚れが気にならないか気になる・・・・方も多いと思いますが、壁が白いと、汚れも白いので、あまり気にしなくても良いと思います。(壁が濃い色だと目立つと思います)





http://www.fcd-tsukuba.com/tomi.html

2018年10月28日日曜日

地盤改良工事

地盤改良工事が始まりました。
60cmの円柱状に、80カ所以上改良していきます。
改良工事を行うことで、地震に強くなることの他、前面道路を大きなトラックなどが通った時の振動も軽減できます。

2018年10月12日金曜日

つくばのオフィス

既存のアスファルトを剥がすところからスタートしました。来週地鎮祭を行い、本格的に工事が開始されます。
鉄骨造の建築です。

2018年10月9日火曜日

上棟

 ひたちなかの家、無事上棟式を迎えることができました。大勢の方がご来場くださり、お施主様がご用意された、沢山のお餅やお菓子で、袋がパンパンになっていました。

柱と屋根下地が取りつき、中庭のある家の概要が見えてきました。
今回、施工を担当してれているのは、東海村の「オーヌキ」さん。
基本的に全物件、餅まきを
行っているそうで、ハッピも用意してくれていて、準備がすごく行き届いていました。
雰囲気の良い現場になりそうです。

2018年10月5日金曜日

お餅の準備


三連休中の上棟式に備え、お餅を準備しています。

シール貼りたい盛りの次男(4歳)にシールを貼ってもらっています。
向きと位置を考えて、時間をかけて丁寧な仕事をしてくれています。

2018年9月22日土曜日

基礎コンクリート打設

ひたちなかの家、基礎立ち上がり部分のコンクリートを打設しました。

配筋検査を朝から行い、午後コンクリート打設。
コンクリートの試験も行いました。後日サンプルで強度が取れているか確認します。

このお家は
10月8日に上棟式を行う予定で、餅撒きも行います!
FCDもお餅を用意して駆け付けます。

ロの字型に中庭を囲む住宅のため、面積以上に基礎が広く感じられます。
 
 

2018年9月1日土曜日

清流

山梨県北杜市
毎年同じ場所に行っていますが、子供の成長に合わせて、行動範囲も出来ることも増えていくので、何度行っても新鮮です。
尾白川、「南アルプスの天然水」のロケ地にもなった綺麗な川です。


道の駅で仕入れたフルーツを冷やします




長男は冷たい水の中何時間も泳いで、網で器用に魚を捕まえてきます。

2018年8月22日水曜日

地盤改良工事


ひたちなかにて、地盤改良工事に立ち会ってきました。セメントや鋼管ではなく、砕石を柱状に地中に埋めることで、地盤を強化します。今回は深さ2m×41本施工しています。
夏休みの長男も社会勉強のために連れて行きましたが、大きな機械が轟音を上げて動いているのを飽きずに見ていました。




帰りに、サザコーヒーにて休憩。
小学生は、かき氷とアイスカフェオレという、お腹を壊しそうなオーダー。
かき氷は、800円と高めでしたが、氷の細かさからして、今まで食べたことのあるものとは次元が違いました。お値段以上の美味しさです。
 


家のベランダの植栽を、こんな感じにしようかと、話しながら頂きました。
大人にってからは、かき氷を積極的に食べてきませんでしたが、次回は抹茶味をオーダーしたいと思います。 
 

2018年8月17日金曜日

ロフトについて


自邸は二階建て+ロフトの三層で構成されています。
二階を主な生活空間とすることで、リビングは最高5mの天井高を確保した、広々としたつくりとなっています。

高い天井のおかげで、例年は屋上の扉を開けると、暑い空気が上に向けて流れ、エアコンをつけることも一夏一週間程度で乗り切っていましたが・・・今年は連日エアコンつけっぱなしです。
エアコンは住宅用一台ですが、市販のサーキュレーターを使うことで、ロフトとリビングの温度差はほとんど無くすことができます。

ロフトを設置するメリットは、収納スペース等の確保の他、開放的なつくりとすれば、立体的に空間を楽しむことができます。デメリットは、階段や梯子も含め、意外と工事費が掛かること、動線をタイトに作りすぎると、面倒で使わなくなることかと思います。

2018年8月15日水曜日